在韓日本サンクチュアリ救命ボートのブログ

江利川安栄総会長が率いる日本サンクチュアリから、 韓国にも救命ボートが投げられました。 お父様を愛する家庭連合のみなさん、 ぜひアボジ直接主管圏の救命ボートに避難ください。

25ろうそくデモ全景













 5月9日の大統領選挙を控えて、保守派の太極旗集会と、革新系のろうそくデモに二分されるお隣の国、韓国。朴槿恵前大統領の弾劾裁判を経た今、さらにどのように加熱するのか…ろうそくデモに潜入してみた。

 まず、会場に入場するや否や、手前の大画面の下に飾られたセウォル号事件で帰らぬ人となった犠牲者の写真群が目につく。何だかその陰に見えるのは…あのハングルを作ったことで有名な世宗大王の像。ここはソウル市でも超有名な観光地であり、遠くに見える美しい屋根の建物は、朝鮮王朝の王宮として実際に使用されていた景福宮。何てことだ…ソウル市にとっても稼ぎ頭の観光名所で、こんなデモを許可するなんて...と思いきや、実は今のソウル市長も野党所属のバリバリの左翼。気が付けば、韓国はここまで激しく左翼思想者たちに占拠されていた。

 さあ、いきなりではあるが、性能の悪いカメラで盗みとるように撮影した現場の様子を映像でご覧いただこう。


25ろうそくコンサート













 まるで地獄の乱チキ・パーティとでも表現したら良いのだろうか。ダサいへヴィメタルの音楽のコンサートが始まり、映像の冒頭には指で作ったサタン・サインを高らかにかざしながらノリノリで通り過ぎる男性や、「私が望むものは何?」との歌手の歌詞に、赤字のボードに≪朴槿恵拘束≫と書かれたカードを挙げながら反応する若者たちと、目がうつろな中年の人々。あちらこちらから酒臭い匂いが…あっ、出店がたくさん出ている。みんな食べ物と酒を持ち寄ってデモに参加しているようだ。真剣にデモする気があるのか。よく見れば子連れで参加する親子も所々見られる。昔の韓国では考えられないが、人前でイチャつくカップルも多かった。アボジがこの風景を見たら、どれほど胸が痛いだろうか…あなたの愛した韓国がここまで堕ちてしまった。

27ろうそくデモ警備













 考えてみれば、入口の警官によるバリケードも凄かった。バリケードを挟んだ反対側の太極旗集会の警備は、こんなに物々しくなかった。人間だけでなく、機動隊の車で隙間なく敷き詰められたバリケードも凄かった。本当にご苦労様と、心から慰労したくなる。韓国はいつから無法地帯になってしまったのだろう。こんな光景を目にしても、在韓の家庭連合メンバーは何も危機感を感じないのだろうか。自由民主主義の韓国がなくなろうとしているにも関わらず…。お母さまは、それでも自分が女メシアで、この国が神様から祝福されていると言い続けるのだろうか。今のお母さまを霊界で見つめているアボジの胸の痛みが…アダムとエバ、そして神の国まで奪われた神様の悲しみが…心の底まで染みてくる感覚。本当に心が痛い。

25偶像アジョシ また、太極旗集会ではプロテスタントのクリスチャンが目立っていたが、こちらは妙に仏像を持った人々が目立ち、テントの中には、仏像が祭られている箇所があって、お坊さんの姿もよく見かけた。また障碍者の姿も多かった。きっとカトリックも、このデモをバックアップしているのだろう。何か偶像崇拝的な、アシュラ神やバール神の匂いがする。

25チラシ⑤ 会場で頂いたチラシ。よく見ると≪怒りのろうそく世代≫と書かれている。太極旗集会が、愛国者つまり愛を中心とした集まりだとすれば、こちらはセウォル号事件の遺族たちや、いつもデモばかりしている労働組合の人々の憎しみと怒りを中心に、洗脳された学生たちが色を添えた集まり。原理的にが考えると、本当に分かりやすく分別されたものだ。そう言えば、文在寅が公約で公務員を80万人増やすと言っていた。ということは、公教育の学校の先生たちはすべてアウトだ。しかも国民全体が公務員になるというのが、共産主義ではないか。よくニュースで耳にする恐ろしい粛清や、密かに横行する臓器狩りなど、人間の心ではおよそ想像もつかない生き地獄な世界、それが共産主義ではないか。


粛清 そう言えば、太極旗集会で会った見知らぬアジュンマが、「韓国はいつも苦労する国なんだ。朝鮮戦争でも苦労したけど、また国を失うなんて...若者はみな共産主義者になってしまった」と言って涙ぐんでいた。「共産主義の恐ろしさなんて何も知らない」と…。
臓器狩り
 考えてみれば、アボジと同時代を生きた世代は、今を生きる韓国人のなかでは一番ご苦労された世代かと思う。そして神様がアボジの相対として、この国に用意したのはこのような心情圏に立つ人々ではないだろうか…。本当にそういう意味では、今の韓国にいることは霊肉共に大変だし、生きて天一国にご入国されることなく、目の前であのような形で霊界にお送りしてしまったことへの罪の意識にいつも苦しんでいるが、もしかして、これが神様の心情を少しでも知る…ということだったりするのではないだろうか。苦しいけど、感謝して、この道を歩んで行きたい。
25景福宮とデモ













 再びコンサート会場に目をやると、景福宮が解放される日を待っているかのように見えた。私たちは、サタンと戦い尽くすけれど、必ず、アボジ、あなたの血統を守らなくてはならない。それが、肉体を持って、あの素敵だったかつてのお母さまと一緒に、神の国にご入国できなかったアボジへの…せめてもの弔い。そう思わずにはいられない。どうか神様、あなたがこの国に準備された群れをお守りください。そして、彼らを2代王様に繋げることができるようにと、祈る思いで会場を後にした。


在韓日本サンクチュアリ救命ボート
<TEL> 韓国010-6831-7624
<e-mail> lifeboat-korea@hotmail.com/


にほんブログ村





≪日本を訪問しました≫ ①家庭連合松濤本部
CIMG7258 日本訪問、年越し、体調不良...様々な理由でブログを少しお休みしていましたが、頑張って再開します。今年もよろしくお願いしまきす。
 さて、怒涛のような在韓救命ボート立ち上げの活動、そして家庭連合訪問を経ての12月中旬、実は伊差川代表と私は、日本を訪問しました。目的は様々ですが、在韓救命ボート的には、ひとつは日本の家庭連合の松濤本部に勤務する鴨野広報局長にお会いすることであり、もうひとつは日本サンクチュアリの特に群馬ファームとセミナーハウスを訪問することを通して、日本サンクチュアリの活動に触れ、そして在韓救命ボートを日本に連結することでした。
 まず別々の飛行機で入国した伊差川代表と私は、江利川総会長と軽いミーティングをして、在韓救命ボート設立の苦労をねぎらっていただきました。そして、日本の家庭連合松濤本部で勤務する鴨野広報局長を突撃する決意をしました。かつて、伊差川代表は在韓宣教師会の事務局長として、私は広報局の在韓アシストメンバーとして、鴨野局長とは実の兄と妹のような心情関係にあったので、今はこんな関係になってしまっても、一目お会いしてご挨拶したい...そんなささやかな想いで、韓国を出国する前にメールでアポイントを申し込みました。
CIMG7244 しかし、返ってきた返事は、「会うと言い合いになってしまう。一緒に仕事をしたことは良い思い出にしたい。お父様を信じているあなたに会いたい」といった内容で、今回は会えないということでした。
 その返事を読んで、何か不思議な気持ちになりました。なぜなら、今の私たちは、イエス様が昇華したあとのペテロのような心情でいたし、お父様をお父様自身の預言よりも早く霊界にお送りしなければならなかった自分の不信仰さを悔い改めて、さらに深く信仰生活を極めようと、毎日天聖経や聖書といったみ言葉を訓読し、お父様にしつこいと言われても仕方がない程いつも報告し、さらにお父様が奨励された天道術を習い、今できる精一杯を切磋琢磨する毎日だったからです。お母様への信仰がないと言われるのは仕方がありませんが、お父様への信仰がないと言われて、ビックリしました。
 ここ1年、会ってもいないのに、ただサンクチュアリを、お父様が生前後継者に指名した亨進様をお支えしてるだけで、そんなことを決めつけられては、黙っているわけにいきません。言い争うつもりはないので、せめて一目でも私たちを見ていただきたい。そして、実際にお会いされてから私たちのことを評価していただきたい...そんな気持ちで、松濤本部に突撃することに決めました。
ハチ公 青年寮に滞在していた伊差川代表と、自宅に帰省している私は、まず渋谷ハチ公広場で待ち合わせてから、松濤本部前にある愛美書店に立ち寄りました。お父様のみ言葉がどんどん改ざんされていくなかで、お父様ご生前の出版物、そして日本の光言社の出版物のほうが韓国よりも改ざんが進んでいないだろうと思ったからです。アボジのみ言葉を前に楽しい時間を過ごし、何冊かの本を購入した後、向かいの松濤本部のビルディングに足を踏み入れました。
CIMG7156 メールでアポイントを入れたのは私だったので、今回は沖縄出身の伊差川代表が、東京を訪問したので、ぜひこの機会に鴨野局長にお会いしたい...そのような趣旨で受付に説明をしました。まず受付横の接待室に通され、少し待たされました。それでも建物の中に入れたことは、何か意味があったかと思います。2世の清廉清らかなイメージの受付嬢が私たちにお茶を持ってきたその瞬間、少し年配の1世の女性の方が、「あの、鴨野は今日は忙しくて席を外せないので、申し訳ないです」と言われ、まさにお茶を出そうとしていた2世に、お茶を下げるように命じていました。
お茶 今までの人生で、目の前でお茶を下げられるという経験は、これが初めてでした。この世でキャリアウーマンとしてバリバリ仕事をしていた時でさえ、またUC広報担当としてこの世のメディアを訪問した時でさえ、こんな経験はなかったので、非常にびっくりしました。こんな状態で、どうやって世界人類を伝道できるのだろうか…さすがに悲しくなりました。
CIMG7159 仕方がないので、少しばかり記念撮影をして、松濤本部ビルを去りました。「本当だったら、鴨野さんと、おいしいお茶を飲むはずだったのにね」と話しながら、仕方がないので愛美書店の隣のカフェに入りました。
 今まで突撃で押しかけても、神様とお父様の導きで、まるで奇跡のように家庭連合の姉妹たちに再会できたことに感謝し、鴨野広報局長にも心からお会いしたかったけど、きっと今は時ではなかったんだと、アボジが私たちが今は会うべきでないと、そう導いておられるんだと、今は私たちの摂理を歩むしかない...そうお互いに口にしながら、いつもより少しばかり苦く感じられるコーヒーを飲みながら誓い合いました。

在韓日本サンクチュアリ救命ボート
<TEL> 韓国010-6831-7624
<e-mail> lifeboat-korea@hotmail.com/


にほんブログ村

≪家庭連合訪問記≫
VOL.4 / 5 / 6 / 7 韓国の天福宮を訪ねました


統一旗私たちのラッパの音が聞こえたならば、
サンクチュリアンのみなさん、
ぜひ大声で、家庭連合に向かって叫んでください!
そうすれば、城壁は崩れて、
攻め上がることができるでしょう‼


天福宮外観 主はヨシュアに言われた、「見よ、わたしはエリコと、その王および大勇士を、あなたの手に渡している。あなたがたいくさびとはみな、町を巡って、町の周囲を一度回らなければならない。六日の間はそのようにしなければならない。七人の祭司たちは、おのおの雄羊の角をラッパを携えて、箱に先立たなければならない。そして七日目には七度町を巡り、祭司たちはラッパを吹き鳴らさなければならない。そして祭司たちが雄羊の角を長く吹き鳴らし、そのラッパの音が、あなたがたに聞こえるとき、民はみな大声に呼ばわり、叫ばなければならない。そうすれば町の周囲の石がきは、くずれ落ち、民はみなただちに進んで、攻め上ることができる」。(ヨシュア記6章2~5節)

アボジ天福宮 お父様の御聖和後、亨進2代王様が思いがけず王宮を追われ、荒野路程を余儀なくされた。その後、沈黙を破られたことを号令に、私たちも実質的に奴隷生活を強いられたエジプトを後に、荒野へと旅立った。しかし、家庭連合つまりエジプトに残したかつての友人たちを思うと、後ろ髪が引かれる思いしかなかった。2017年1月29日、すでにお父様が用意された4300組の新郎新婦は、もしかしたら、まだエジプトに残っているのではないだろうか。お父様がすでに霊的には4300双を私たちに渡されたことを考えると、私たちは、あの家庭連合に再び向かわなくてはならない。しかし、あの強固な城壁をどうやって崩せばよいのだろうか。

 11月8日のアメリカ大統領選挙のトランプ氏の奇跡的な勝利と亨進2代王様の歩みを考えると、その強固な城壁も、崩れる時が近づいているのではないだろうか。そろそろ慣れ始めた荒野路程から、摂理はひとつひとつとアップグレードしている。そんなとき、ふと聖書の聖句が目に飛び込んできた。城壁を崩す...それはまさしくエリコ城勝利の再現ではないだろうか。7日間の町巡りの精誠。私たちはすでに、韓国協会本部、東大門教会、安山(アンサン)教会と3回訪問した。それでは、あと4回はどこへ...亨進2代王様のかつての拠点であった韓国天福宮を集中して4回、つまり東西南北の門を崩す意味を込めて4回訪問してみることにした。

四大聖人 1回目は、伊差川代表と私のふたりで訪問。まず儀式のように天福宮を一周した。すると偶然懐かしい姉妹に遭遇。昔と同じように挨拶をすると、相手も挨拶を返してくれた。無視はされずに済んだので上々だ。次に表玄関の横にそびえ立つ四大聖人の像はまだ健在だったので、ここで祈祷を捧げてから、中に入ってみた。平日のためか人はほとんど見当たらず、カフェも営業していなかった。1回目なので、あまり人目につかないほうが好ましいだろう。祈祷室で祈祷を捧げるために中に入ろうとすると、なぜか足が止まってしまった。右側に誰かがいるような気がして歩き出せなくなってしまった。少し左に寄ってみると、足は前に踏み出せた。“そうか、アボジは奥の御父母様の椅子ではなく、私たちの横に一緒におられるんだ”、そう悟ると、妙に心が落ち着いてきた。伊差川代表が祈祷を始めると、今度は声が出なくなってしまった上、腕を引っ張られたような気がした。“そうか、この祈祷は各自祈祷ではなく、伊差川代表の決意表明の代表祈祷を願われているんだ。この訪問を誰よりも望まれていたのはアボジだったんだ”。
二階祈祷室入口 ライトがあまりついていないので、あちらこちらに目をやると、かつての統一マーク一色から、だいぶ家庭連合マークに占拠されている様子だった。礼拝堂はカギがかかっていたので、入り口前の椅子で祈祷を捧げてから外に出た。外壁の統一マークは外しようがないみたいで、そのままだった。統一旗が空に翻っていた。写真を撮ると家庭連合の旗が隠れていい感じに映った。

祈祷室① 2回目は、伊差川代表と私とうちの息子の三人で出向いた。前回同様に周囲を1周してから、四大聖人前で祈祷して、中の祈祷室でも祈祷。すると、急にあたりが明るくなった。掃除の精誠をされている姉妹が、私たちに目を止めて灯りを付けてくださった。少し前回より出迎える霊界になったと喜んでいたところ、伊差川代表と旧知の仲だった清水リーダーとすれ違った。挨拶をすると、そのまま立ち去ってしまった。伊差川代表はショックを受けていたが、リーダーだから複雑なんだと言い聞かせてから、礼拝堂前で祈祷。前回よりもあちらこちらに目をやる余裕はあったが、まだ事務所を覗く気持ちになれず、そのまま退散した。

大聖殿 3回目は、共に正道術を学んでいるアジュンマ特殊部隊のメンバーと総勢6人で訪れた。やはり人数がいると違う。腹が据わってきた。賑やかなムードで周囲を一周すると、妙に強い気持ちが沸いてきた。よし、どこでも入ってみようじゃないか。まずは大聖殿、あっドアが開いている。入り込んでみると、もちろん照明は暗かったが、中央の説教台まわりの統一旗は、すべて家庭連合旗に代わっていたし、何か暗かったせいもあって異様な雰囲気だった。
小聖殿 小聖殿二回祈祷室もしかりであった。さらに2階祈祷室は、入口は家庭連合旗、室内は御父母様の写真。地域ごとの事務所を覗いてみると、バビロン大淫婦の写真は見当たらないようだ。あちらこちらを確認するように見て回った。まるでアボジが天福宮をチェックされているかのように。この日は不思議と人に出会わなかった。

 さて、遂に4日目、家庭連合訪問も7回目のクライマックスを迎えた。この日は日曜日。2部礼拝に参加しようと、伊差川代表と私の二人で出向いてみた。同日、場所は違うが、ソウル聖殿の日本人のメンバーたちが九里教会前で『真のお父様の涙』を配っているという。エリコ城路程も段々とクライマックスを迎え、賑やかな天一国主人たちの騒ぎ声が聞こえてくるような感覚があった。まず周囲を象徴的に2回回って、中に入り込んだ。礼拝堂に上がると、誰もいない。かつての二部礼拝は、青少年礼拝として小聖殿で行われていた。少しだけ顔を出してみた。失礼だが、命がけにみ言葉を語る亨進様のような霊的パワーは、あまりこの地では感じられなかった。周囲から、私たちに対して、“なんで来たの”という異様な視線を感じたが、それでも何の恐れもなかった。いつもアボジが共にいてくださったことを実感できたから。全世界の食口を訪ねて回りたいのは、私たちではなく、アボジその人なのだから。
売店 1階のカフェでコーヒーを飲んでいたら、懐かしいお姉さんに声をかけられた。伊差川代表と私の共通の知人だった。私がサンクチュアリに来ていることを知らず、激しく衝撃を受けていた。人間ダビデの石も少しは命中したようだ。次に前回無視された清水リーダーが、伊差川代表にみかんを持ってこられた。そして、「東部の事務所に来るように」と言われた。もしかしたら、再び戻ってきたと思われていたのかもしれないが、事務所を訪ねるチャンス。きっとアボジがスタッフに挨拶したがっておられるのだろう。導かれるままに事務所に入ると、食べ物が次々とテーブルの前に置かれ、しっかりと接待されてしまった。非常にみなさん懐かしがっておられたが、やはり戻ってきたと誤解されていたようだ。伊差川代表が、「お父様が指名した後継者の亨進様を支持すべき」と話を切り出すと、何やら急に雲行きが怪しくなった。「韓国人は自分の母親を淫婦とは絶対に言わないものだ。キリスト教から3つに分裂していると言われている。あなたたちは知らないだろう」と、薄っすらと顔を赤らめてお話しされ始めたので、「子供たちが待っているから失礼します」と申し上げて、無事に退散。

 こうして在韓日本サンクチュアリ救命ボートによるエリコ城路程は、ひとつの区切りを終えた。私たちが吹き続けたラッパの声が聞こえただろうか。もし聞こえたならば、今こそ、それぞれのエリコ城に突撃するときだ。もう1か月半しか時間は残されていない。家庭連合の城壁が崩れる時が近づいた。かつてエジプトで苦楽を共にした兄弟姉妹たちを、サタンの呪縛から救い出す時、それが今だ。荒野で亨進様の厳しいトレーニングを受けた統一戦士たちよ。私たちはかつての私たちではない。天の平和軍・平和警察に生まれ変わった兄弟姉妹たちよ、アボジと共に突撃あるのみだ。


在韓日本サンクチュアリ救命ボート
<TEL> 韓国010-6831-7624
<e-mail> lifeboat-korea@hotmail.com/


にほんブログ村

このページのトップヘ